<< お久しぶりにもほどがありますが 大変なことが起きています >>

インシュリン用注射器

東日本大震災の影響がまだまだ、様々なところで出ています

米やパン、トイレットペーパーは買えるようになりましたが
医療用品で不足しているもの、手に入りにくくなっているものがあるようです

ネコ友さんからの連絡で知ったのですが
震災後に人間の病院で注射器・注射針の大量注文があったらしく
品薄状態がおきているようです
病院で買いだめするのは当然ですよね
たくさんの病人怪我人が出るのですから・・・

今日、かかりつけ病院に行きチョコちゃんのインシュリン用注射器を購入しました
獣医師に注射器の品薄について聞いてみたところ
インシュリン用としてポピュラーなBDロードーズという注射器を作る会社が
福島県にあり、かなりのダメージを受け生産がストップしているそうです

うちは今回、病院に在庫があったので3週間分を購入できましたが
3週間後、次回の購入時にはまずロードーズは購入不可能であろうということです
病院側は今、他社製のインシュリン用注射器を探し発注しているところだそうで
次回は多分、これになるだろうから・・・とTERUMOのマイジェクターという注射器を
1本サンプルとしてくれました

          *↓の画像右がロードーズ、左がマイジェクター
a0094978_20493433.jpg


a0094978_20493418.jpg

メーカーが違うんだから当然ですがメモリの幅がちょっと違います

 ロードーズ:29G 0.3ml 30単位
 マイジェクター:29G×1/2” 0.5ml 100単位

使い慣れた注射器が変わる、ということで注射を打つことを怖がる飼い主さんがいるようです
ですが、どちらもインシュリン用の注射器に変わりはないので先生によくメモリの見方など
教わって対応したいものですね
私が触った感じでは注射器の大きさ太さなどにほとんど変わりはありません

ネコ友さんの都内のある動物病院情報によるとインシュリン用に限らず
注射器・針が入手困難になっているようなのですが
今日私が横浜の病院で聞いた限りでは、購入が完全に出来ないわけではないとのこと
生産はされているし、いくつもメーカーはあるので大丈夫だそうです
発注から納入までが時間がかかる、メーカーで欠品があって他メーカーに頼んでいる
そういう事態があちこちで起きているので
買えないわけじゃないけど在庫を多くはもてない、次にいつ納品されるか見通しがつかない
そういうことだそう

        注射器・針を自宅で使っている飼い主さん
 *自宅にある注射器の在庫を確認して、早めにかかりつけ病院に相談してください
病院には在庫があり、必要としてる飼い主さんの分は確保しようと
努力してくれているはずです
個人的な買占めなどが出来る品物ではないので必ず病院に相談しましょう
慌ててアチコチで買おうとしても、初診で訪ねた病院では病状をいくら説明しても
診察・検査無しで売ってはくれません

注射器同様、インシュリンも注文してすぐに手に入らないこともあるそうです
代替品はあってもこれはすぐに変更して使うには難しい薬なので
インシュリンを必要とする犬猫さんがいる場合は、これも早めに病院に相談
早めの購入をお薦めします

被災地の動物たちの保護などが進められているようです
活動してくださっている方々には頭が下がります
募金やフードを送ることしかできませんが
1頭でも多くの動物が救われることを願いつつ
自分たちの大切な家族を守っていきたいと思います

チョコはお陰様で毎日インシュリンを打ち、安定しています
カリンも毎日美味しく食べて過ごしています
色んなことに感謝です

 
[PR]
by NAHNEKO | 2011-04-01 20:49 | ニュース
<< お久しぶりにもほどがありますが 大変なことが起きています >>