<< 番猫 なんか興奮 >>

糖尿闘病記♪糖尿発覚~入院編①

a0094978_2255295.jpg
これは昨年2月のチョコ 骨格が大きめでふっくら肉付きが良く体重6㌔の大柄なネコでした。それが・・・4月頃から、なんとなく行動が活発ではなくなり、少し食が細くなりました。それまでが大食いだったので、歳とともに食欲が落ち着いてきたのかな~とわりと軽く考えていました・・・
5月に入り また少し食餌量が減り、夜中に行なわれていたカリンとの追いかけっこがなくなりました。でもチョコの趣味である「窓辺に飛び乗り、網戸越しに住宅街を観察・奥さま方の井戸端会議の盗み聞き」は毎日続行 好物の鶏のササミなどは喜んで食べてました この時点では、ちょっと蒸し暑くなってきたからダルイのかもね、
という感じ・・・今思えば、この時点で病院に連れて行ってれば・・・後悔先に立たず
6月、アレ・・・?痩せてきたんじゃないの???ダルそうに一日中同じ場所に寝ていて、食餌もめっきり食べなくなってしまった チョコは1歳になる前から病院処方食のドライフードが主食で、モン○チやフリ○キーなどは食べたこと無かったんですが食べてくれるなら・・・とアレコレ色々なフードを与えてみました。ドライフード、缶詰、マグロの刺身、でも始めは食いついてもたくさんは食べてくれません。ニャオニャオとよくお喋りしたチョコがほとんど声を出さなくなってました。
こりゃヤバイょ・・・病院連れて行かなきゃ・・・いつ行こうか、どの病院連れて行こう 次の休みに行けるかな そうこう考えている内に、ついに大好物のササミを1日かけて1本食べるのがやっと、という最悪な日がありました。
なんでもっと早く気付いてあげないの?なんでもっと早く連れて来てあげなかったの?
動物病院に勤務していたとき、グッタリした動物を連れてきた飼い主を見て、何百回こう思ったことか・・・私は動物看護士として自分のネコに最低最悪なことをしてしまった・・検査して、手遅れな状態だったら・・いや、下痢嘔吐は一度も無いし一昨日はもう少し食べたし・・色んな考えがグルグル廻りながら2006.6.20午後3時、自転車で10分の所にあるわりと大きな動物病院にチョコを連れて行きました。

受付で問診表を書き、診察室に呼ばれ、男性の先生に現在の様子、既往歴、ワクチン接種の有無など事細かに聞かれ、チョコの一般診察のためにキャリーから出しました。体重を測定・・・4.15㌔・・・
にきろもへってんじゃん・・・大ショック・・・ごめんねチョコ
続いて腹部を触診した先生、オシッコが溜まってるし膀胱炎と尿結石の経歴があるので採尿し検査するとのこと チョコを預け待合で待たされ~15分後、再び診察室に呼ばれ恐ろしい結果を告げられた
          糖が出ています 糖尿の疑いです

          とぉ~にょぉ~!?

ガックリ落ち込む私 先生は引き続き血液検査をするといい、奥に消えました。
出た結果は 参考正常値(病院、検査機関により多少前後します)80~120の血糖値が425!!    「糖尿病確定」
    ちょこはこれから どおなるの・・・(涙目)

先生は言います 糖尿は一度なってしまったら治る病気ではなく上手にコントロールして上手く病気と付き合っていくことが大切。まずは血糖値の推移を観察してインスリンでコントロールをつける為に今日はこのまま入院です。入院は短くて2週間、長くて一ヶ月  

その時チョコはもう用意された入院部屋に入っていました・・・あぁ 今日は連れて帰れないのか 2週間で退院出来たらいいな 入院部屋でちゃんとオシッコ出来るかなぁ 入院のストレスは大丈夫かな・・・

夜に夫と面会に来たいとお願いし、後ろ髪引かれる思いで自宅に帰り夫やネコ好きの母に報告 今はただただ、病院にお任せして面会に行きチョコを見守るしかないのです。
長い長い入院生活の始まりでした・・・

 そうそう オシッコ採取と採血を終えた先生に聞かれました。

あの~、チョコちゃんは 本当にこれでも元気がないんですよねぇ??

はい、ものすごく元気が無いんですけど・・?  あっ・・・すいません
先生の手には生々しい引っ掻き傷が・・ うちの子、すんごい気性が荒いんです!!ごめ~ん

夜、面会に行ったときのチョコは思っていたよりもリラックスしていてホッとしましたが、やはり表情が暗く、老けた印象でした。a0094978_0395571.jpg

                       入院中のお話しは 次回に続く

                            
[PR]
by nahneko | 2007-03-24 00:50 | 闘病記
<< 番猫 なんか興奮 >>