<< 糖尿闘病記♪~恐怖のお会計編~ 闘病記♪自宅療養編~下痢が止ま... >>

闘病記♪自宅療養編~バカ面は何のサイン?~

8~9月に渡って続いた下痢騒動・・・
食餌コントロールをしながら、何とか体重を落とさずに奮闘
その真っ只中のことでした。
あのバカ面は一体なんだったんだろう・・・と、今もちょっと疑問に思うことがありました。

チョコの顔つきが、おかしい・・・

寝そべった体勢で目は一点を見つめます。そこに何があるでもなく、ただボーッと、本当にボケーッと生気の無い目でボンヤリとします。
そして口は半開き。パカッと開いてる感じではなく、だらしなく開いてしまってる、という風に見える開き方。
なんともマヌケというか、バカっぽい顔というか、締まりの無い表情です。

最初に発見したときは、普段端正な顔つきをしているチョコのあまりのバカ面ぶりに、ちょっと笑えてしまった・・・
でも、度々そのバカ面を見るようになり気になってきました。
ボンヤリしている時間は数分の間ですが、よく観察してみると日に日にバカ面回数が増えてきます。
時間や場所は関係なく・・・
   水を飲んではボ~ッ
   外を眺めながらボ~ッ
   ご飯を食べてる途中で顔をあげてはしばしボ~ッ
   毛繕いを中断してはボ~ッ

で、ボ~ッのバカ面が終わると行動の続きを始めるときもあれば、そのまま寝に入ってしまったり、お気に入りの場所に移動してみたり・・・
ネコ特有の気まぐれな行動をします。

ただちょっとボンヤリしていただけ、というならいいんだけど その表情はどことなくダルそうな、ちょっと苦しそうな顔にも見えることがあるので心配です。
夏だったので単純に暑さで参ってるのかと思い、クーラーを入れたり涼しい場所に移動させたり  でも、違う
食べ物が気に入らない?かと思って変わった物をあげてみても  でも、違う
抱いてみたり、ブラシしてみたり、オモチャで誘っても  でも、違う

一度だけ・・・バカ面してるなぁと思ったら口の開きが大きくてやや開口呼吸をしてたので、これは絶対どこか苦しいに違いないと思い とりあえずトイレに連れて行ってみたら 大量にオシッコをし、スッキリ爽やかな顔に戻り走り去ったことがありました。
・・・えっ じゃあ 「トイレに行きたい」というサインのバカ面だったの??
結局、トイレに行ってスッキリとバカ面が戻ったのはこの1回だけでした。

もちろんこのバカ面は病院の先生にも相談しました。
でも病院ではその顔をしないし、写真も撮り損ねていたのでうまく説明も出来ず、それ以外に体調に変わったことは無かったので(下痢はしてたけど)先生達もどうにも出来ない・・・ただ、よく観察するのみです。

  あのマヌケな表情は、何か不調・不便を訴えているんだ
私はそう考えていたので、あらゆる推測をしましたが、どうもチョコの的には外れてる気がします。
バカ面の数分間はジーッと動かずにボケ~ッとしてますが、それ以外はよく鳴くし走りまわったり、活発
だったらその時は、なにもせずに放っておくのがいいのかな

下痢とバカ面に悩んでいたある日 従兄弟が遊びにやってきました。
その従兄弟・・正確には当時、従兄弟の婚約者(現在は従兄弟の妻)は、霊感とかオーラとか、人の持っている「気」というものに敏感な人なんです。
なーネコはビビリなんで霊的な話題は苦手 感じる力もありません。
その彼女が家に来たとき、何となくチョコの話しになりました。糖尿になってね、下痢が治んなくてさ~・・と話していたそのとき、「バカ面」を見せたので彼女に、最近のバカ面事情を話しました。
すると・・・しばらくチョコの目を見つめる彼女・・・もしかして動物の「気」や「オーラ」も感じるの??
彼女は一言「もっと 話し掛けてあげたらどうかな」
         
         大切にしているペットに、話し掛けるこんな基本的なこと、あえて言うことじゃないと思うでしょうが・・・
これを言われたなーネコ、非常にドキッとしました。
下痢をどうしよう、ご飯をどうしよう、あのバカ面はどうしたらいいんだろう、と考えるばかりでチョコとゆっくり話していなかったんです。
何をするにも話して聞かせていたのに、あの頃はチョコの体調の変化に対応するのに一杯でチョコが1番して欲しかったことが見えてなかったんですね。
従兄弟はチョコのバカ面から、飼い主が見えなかった何かを感じたんです・・流石だわ
a0094978_0265373.jpg
チョコの趣味のひとつ「ビニールを噛む」 固めのビニールをパリパリ噛み、パスパス穴を空けるのが好き バカ面な日々の間にも良く行なった


それ以来、よくよく色んな話しをチョコとしました。一緒に窓辺でカラスを観察したり、洗濯をするときに洗濯場にも誘ってみたり、バイト先の出来事も夫と共にチョコにも聞かせたり
そうこうしてるうちに、下痢の治まりよりも先にバカ面は見られなくなりました。

結局のところ本当に話し掛けの不足が原因だったのか、暑いなどの環境の悪さだったのか、体調不良だったのか、入退院による心理的な何かだったのか、その全部が当てはまるような全く当てはまらないような・・・
今振り返っても不思議なバカ面です。ただ、あんなアホっぽいちょっと苦しそうな顔はもうしてほしくないし、させてはいけないな と思います。
画像のひとつくらいは残しておきたかったけどね。
[PR]
by nahneko | 2007-04-15 00:34 | 闘病記
<< 糖尿闘病記♪~恐怖のお会計編~ 闘病記♪自宅療養編~下痢が止ま... >>