<< デブ猫のくつろぎ 恵方巻きを求めて雪道を >>

あー まったく腹が立つ!

猫の話題ではなく
ちょっと愚痴っぽくなってしまいますが・・・
年明けから昨日にかけて、まったくもぅーー!!っと腹の立つことがありました

事の始めは去年の10月です
去年10月、私たちが住むマンションは契約更新の時期でした
10月の中旬に不動産屋から契約更新書類が届き、更新手続きを10/31までに
済ませるように、とのこと
  *この時点で、更新期限まで2週間を切っての書類送付にすでに疑問なんだけど…

契約書には保証人である鹿児島の父のサインも要るので、書類を送り、書いて送り返して
もらい、そして不動産屋に送りました
同時に更新料+火災保険料を指定口座に振り込み
これらの手続きを期限の10/31ギリギリに済ませました

それから約2ヶ月経った12月30日のこと
うちの家賃は大家さんに直接渡すシステムになっていて、その日も私は大家さんのところへ
家賃を持って訪れました
すると・・・  「更新手続き、まだしてないの?」  と言われたのでビックリ

えぇ??10月末に済ませてますけど??

大家さんは、それなら・・・いいんだけど・・・ と歯切れの悪い返事
私は部屋に戻って慌てて更新料振込みの控えを探しました
ちゃんと保管してあったので、今度また何か言われたら見せようと思ってしまっておきました

年明け1/2 年賀状を取りにポストを見ると、何やら封筒が届いてる
開けてみると、不動産屋からでした
   契約更新がまだなので早急にお願いします 行き違いの場合は連絡ください

はぁ??だ~か~ら~ 行き違いも何ももう、契約済んでんの!!
っていうか、こんな書類を送ってくるってことは書類が何かの配達トラブルで届かなかった
ってことなの?振り込んだお金も口座に届いてないの?
この火事の多い季節に、火災保険の手続きがされてないってことなの?

ものすごく不安な気持ちを抱えながら、不動産屋の正月休みが終わるのを待ち、
夫に電話で確認してもらいました

電話すると、「担当者に確認して今日か明日に連絡します」という呑気な答え
夫は怒って、こちらはちゃんと手続き済ませてて、随分日にちも経ってるのだから保険のことなども含めてすぐに返事をもらわなければ困る!と怒りの主張
すると、その日のうちに連絡が来ました

  「契約更新は済んでいて、火災保険の加入も済んでいます」という答え
でも謝罪などの言葉は一切無く、電話してきた女性は笑いながら話していたのだとか

まぁ、済んでいたのならもういいや・・・
あとは火災保険の証券のコピーを早く送って欲しいものだわ
実は、2年前の前回の契約更新の際、火災保険への手続きが済んだのかどうなのか何も連絡が無く、証券のコピーについても2回問い合わせ、「送ります」と2回返事をもらったのに
結局2年間、届くことはなかったということがありました
なので書類を送付したときに、その旨を手紙にして今回はどうかよろしくお願いします
と書いて送ったんです

a0094978_16291917.jpg


ところが・・・証券のコピーどころか驚きの連絡がうちに来ました
なんと!契約更新の書類を失くしたから、もう一度書いて送ってほしい と

鹿児島の母に事情を説明したら、呆れてました  当然ですよね
ウチだけでなく、実家や大家さんの個人情報が満載の、不動産屋にとって大切なものであるはずなのに・・・ 失くすってどーゆーことよ!?

とにかく、仕方ないので・・・正月に送られてきていた書類を使い
鹿児島に送り、記入して送り返してもらい、ウチが記入して不動産屋に送る、という行程を
連絡を受けてから一週間で行いました
書類と一緒に再度手紙も書いて入れました
大事な書類なので二度と失くすことの無いように、とか保険の証券についてはどうなっているのか?今月中(1月中)に火災保険の証券コピーを送ってください、さもなければ直接伺います
など書いてコピーをとっておきました
そして、郵便局で「配達記録」をつけて送りました
  ちなみに家からその不動産屋までは、歩いて5分もかからない距離です
  乗り込んで文句を言ってやろうとも思ったけども、書面に残ったりとか
  近いのに配達記録をつけたりだとか、そんな風にしとけばちょっとは焦って
  迅速に対応したり反省するんじゃないか?と思ったのでした
     結果としては無駄でしたけども・・・ 
 

1月の末日になっても不動産屋からは何も反応は無く・・・
再び、家賃を持って大家さんに会いに行く日になりました
契約書類を失くしたことは連絡があったようで、大家さんも困っていました
この時、初めて知ったんですけども
うちが書いた契約書類は2枚あって、1枚は控えとしてうちが保管し、
もう1枚を不動産屋に送ったのですが、その送った1枚は最終的には大家さんの手元に届くことになっているのだそうです

もう、書類を再度送ってから1週間以上経過しているのにまだ不動産屋からは大家さんに
何も言ってこないのだそうです
おかしな会社だよね・・・と大家さんも困り顔で、問い合わせをしてみると言ってくれました

a0094978_1703698.jpg


どうにもイラついていた私たち・・・
もう3ヶ月以上前の話なのにまだ片付いて無いなんて、業務怠慢だと思う・・・
で、月曜日(2/4)に夫が不動産屋に電話してくれました
そのときの会話を録音していて、後から聞かせてもらいましたが、とにかくヒドイ!!
夫が名乗ったら気付いたらしく焦りだして、何も言わせないように早口で話し、一言も謝らず
「今日、証券のコピーを送るから」と言ってサッサと電話を切っていた
とても感じの悪い対応の女性だった

今日送る、と月曜に言ったのなら翌日の火曜日にはうちのポストに届いてるはず
仕事から帰った私がポストを見たら、入ってました 不動産屋の封筒が
ただし、配達されたものじゃない・・・結局あの女性、送り忘れたのでしょうね
切手は貼らずにうちのポストに直接届けに来たようでした

開封して、最後のビックリがありました
火災保険の証券・・・保険期間を見ると、12月21日から になっていた
10月末に保険料を払ってるのに、保険に入ったのが12月21日
そして12月30日に私は「更新してない疑惑」を大家にかけられてる

    

     おかしくねぇ!?


そして更に 「お客様各位」と書かれた紙が1枚入っていた
それは型通りの挨拶と保険証券コピーを送りますという文の印刷物
その印刷の下に手書きで、契約書再送付のお礼とお手数おかけしましたのお詫びが一言
書かれていた



そのお詫びの文字は、赤ペンで書かれていた


お客様へのお詫びの言葉は赤ペンで書く というのはとってもとっても非常識だと思う
有り得ないですよねぇ…

言いたい文句はたくさんあるけどももう、あの不動産屋に関わりたく無い・・・
次の更新、したくないので引越しを真剣に考えようっと
[PR]
by nahneko | 2008-02-06 15:58 | こぼれ話
<< デブ猫のくつろぎ 恵方巻きを求めて雪道を >>