カテゴリ:家族( 34 )

デカイ…

今にはじまったことじゃないんだけど



デカイよね


a0094978_22182322.jpg



カリンちゃん…


貫禄ありすぎですよ


a0094978_2220122.jpg



もしかして 起き上がれないの?


a0094978_22202916.jpg



どっかの国の王様みたい(^o^;)



このあと、ちゃんと自分で起きて(もがいて?)丸くなって眠りました
[PR]
by nahneko | 2012-11-08 22:16 | 家族

チョコちゃんの記念日

今日はチョコちゃんと私が出会った記念日です。


チョコちゃん、13歳になりました!
糖尿病、変形性脊椎症の発覚から早6年以上

白内障が進み眼が濁ってしまいましたが
まだ見えていて、この夏場は蚊を追いかけることも
ありました。

寝ている時間が多いけど、たまに高い窓辺に乗せてあげると
嬉しそうに風にあたっています。

脊椎症の方はここしばらく症状は何もなく
踵をあげて美しい歩きをするし
ソファーやベットにジャンプもします!

a0094978_2033513.jpg


最近は歳と共にどんどんマザコン化(笑)

膝に座って眼や耳のマッサージを受けるのが日課です

今日は大好物の鶏のササミでお祝いしました

a0094978_20361667.jpg



カリンちゃんも一緒emoticon-0115-inlove.gif

a0094978_20372362.jpg



今のこの穏やかな状態がいつまでも続いて欲しいと願うばかりです。
[PR]
by nahneko | 2012-10-08 20:32 | 家族

台風が連れて来た

6月22日の昼間、母から一通のメールが届いた


    家前の土手作に挟まっいまて…
    身体が濡れて…
    あまり動かない…?
    ご飯とぬるま湯を…
    牛ニュはダメよ?




………誤字脱字に「…」「?」だらけのこのメールを見た私は
実家の真ん前にある河原の遊歩道に設置された「柵」に『母』が
挟まったものだと思った

まったく何をやってるんだか
この日は、この時期に珍しい台風が接近だか通過だかしていたときで
朝から雨が降っていたのだ

一体何をしに河原に行ったんだ?足でも挟まったのだろうか
携帯持ってたのかなぁ…自力で脱出したのか?それとも父を呼んだのか

家の真ん前で柵に挟まるなんて、アフォにも程があるじゃないか!

と呆れていたところに妹からメールが届いた


    あ~~あ 保護しちゃったのね
      何日か前から鳴いてたもんね




保護!?何日も鳴いていた??

慌てて母からのメールを読み返してみる
よく見てみたら、画像が一枚添付されていた
   
a0094978_2022644.jpg


母は土手の柵に挟まった仔猫を保護していたのだった

なるほど、「牛ニュはダメよ?」は「牛乳は与えちゃダメよね?」だったのだ

仔猫のことより自分の考えがあんまりバカで可笑しくなってしまった。
母親が柵に挟まってしまい、濡れて寒くてあまり動けなくなって
ご飯とぬるま湯を食べようとしていると勘違いしていたのだ…
アフォは私だった…


とにかく、私の実家で仔猫を保護した
よくよく話を聞いたら、何日か前から鳴き声が聞こえ気にしてはいたものの
姿を見せず、ようやく発見したときは柵に挟まって動けず鳴いていたところを
両親がダンボール箱にタオルを敷いて保護し、その日の内に病院に連れて行った

ついに実家も2匹目かぁ~と私は思った


   
a0094978_20273899.jpg

       仔猫保護の現場 間違っても大人が挟まる柵ではない…


妹は父に「この猫はどうするの?」と聞いたら
「そんなもん、(ウチに置くしか)仕方ないだろ!」と即答したらしい

が、何と積極的に保護したのに母親は驚きの発言をしたというのだ

   少しの間、うちに置いて元気になったら野に放つ

この人で無し!!と思った。
せめて「里親を探す」という発想が出ないものなんだろうか
まったく ネコが好きで実家で飼ってるメルちゃんや
ウチのチョコやカリンをすごく可愛がっているのに
なんという酷いことを言うんだ!!自分の母親ながら呆れてしまった。

妹と弟、父も同じく呆れと怒りで母を責めたらしい

連れて行った動物病院で診てもらった結果、この仔猫は目が腫れて開かず
目ヤニも酷くて、もしかして、もしかするとこのまま目が見えない可能性もあるという。

   目が見えないとなると、野に放つのは酷ですよ…


獣医にもやんわりと言われたそうだ。
だが、それでも母は

   こういう茶トラのネコの集落を私は知っているから

などと口走り、ますます妹を怒らせた

…何なんだよ!?茶トラの集落ってよっ!!


母がなぜ、野に放つなどと言ったかといえば
今年16歳になる「メルちゃん」の存在があったからだと思う。
他のネコの存在を認めないメルちゃんの大きなストレスになる、そう思って悩んだのだ。

私は母の苦悩がわかったし、どうせ飼うことになると思っていたから何も言わなかった。


生後約2ヶ月、男の子

    
a0094978_20242415.jpg


もしも本当に目が見えなかったら
私が随分前に購入したケージをあげるから、その中で飼ったらどうか?と妹に提案した。
ネコ用の大型2階建てケージで、万が一災害が起きたときの為にと買った新品がある。
ケージ飼いにして、誰かが見ていられる時間だけ出してあげたらどうかと話すと
妹もそれは良いねと言っていた。

でも、そう言ってるうちに
保護翌日の午後、何と仔猫はダンボールから抜け出して
自分で棚の二段目に飛び乗っていたというのだ!!

それならどうにか目は見えているんだろう、と一安心
そして度々「仔猫の名付け」をテーマに家族会議が開催され

阪神ファンの実家メンバーならではの名前候補がならんだ

  ・トラッキー  ・キー太  ・甲子園

トラッキーはともかく甲子園は無いだろうよ…

私は「メル」の弟だから「ギブソン」はどうか?と持ちかけたが3秒で却下

仔猫は目薬を点したりご飯をあげるとき近づくと生意気に
「フーーッ!!」と威嚇するという。ただでさえ警戒心の強い仔猫だから仕方ない

保護から一週間
目ヤニは治まったが瞼は腫れたまま開かず
ただ、安心できる場所だと理解したようで威嚇しなくなり食欲旺盛になったそうだ。
病院に相談の上、母が自宅で軽くシャンプーを行った。
一瞬ボンヤリと目が開いたと送ってきたのがこの↓↓画像


    
a0094978_20484139.jpg


目の周りが赤くて痛々しい…
母が「あんまり可愛らしくなってこないわ」というが、だいぶオモチャで
活発に遊ぶようになった様子


シャンプーした夜、事務所に置かれたダンボ―ル箱を卒業して布団デビュー!

    
a0094978_2051209.jpg



名前も散々会議を重ね、ついに決定!

        


    『クムクム』

となりました

そうです、野に放つなんてことは結局のところ
保護した時にメルちゃんとの関わりを考えて悩んで悩んで口走っていただけのこと

メルちゃんには何度も何度も言い聞かせ、ウチに置いてやってちょうだいねと
お願いしているとか


そして、保護からちょうど1ヶ月が経った7/22日曜日
目がすっかりパッチリと開くようになったクムクムにご対面してきました~!



     
a0094978_20565339.jpg

     
a0094978_20571347.jpg

     
a0094978_2057361.jpg


よく遊ぶしよく食べるし、ちょっと人見知りをしたけどすぐに抱っこさせてくれ
人の通り道で堂々と伸びて眠り すっかり家族の一員
毎日焼いたエビや茹でササミを食べるそう…私も毎日エビ食べたい…

メルちゃんとの衝突を最小限に抑えるため
1日の半分を妹の部屋で過ごすというので様子を見に行ったら
ご飯と水、新しいトイレの設置はもちろんのこと
まぁなんとも豪華な大型キャットタワーと専用クッションが設置されておりました


    
a0094978_211546.jpg


女王ネコ・メルちゃんは迷惑顔 終日不機嫌
今年16歳になる女王は4月に全身麻酔をかけ歯石除去の処置を受けました。
ダメな歯があったら抜く、といわれていたけど幸いそのようなことは無く
歯石除去後は食欲旺盛でややふっくら体型になりました。
腎臓肝臓の数値も問題なし

    
a0094978_2174873.jpg


クムクムは「オバサン、あそぼ~!」とメルちゃんの尻尾めがけて飛び掛り
メルちゃんは「何よこのガキ!!うるさい!!シャーーーッッッ!!!」と怒り心頭
毎日格闘しているみたい
隔離する時間を作ってそれぞれの縄張りはちゃんと持てているみたいだから
そのうち、もう少し距離が縮まるといいんだけど


    
a0094978_21105578.jpg


実家近くにはスカイツリーがあります
小雨の中、賑わってました♪
[PR]
by NAHNEKO | 2012-07-27 21:22 | 家族

お久しぶりにもほどがありますが

1年以上も更新をサボり続けました・・・
放置というのはクセになってしますものです。

放置中にもポツポツと携帯からは、猫友さんのブログにお邪魔していましたが
半年ぶりぐらいにPCからログインしたら、色々変わっていてビックリしました。

エキサイトも色々と変わるのですね

チョコカリン、私、主人、変わらず元気に過ごしておりました。
こんな放置状態のブログにもかかわらず、毎日数十人の方のアクセスがあり
耳の手術の記事にはコメントなども頂いて嬉しいかぎりです。

先天性耳瘻孔、今では「そんな病気あったっけねぇ・・・」と思うほどに
痛みなどなくなっています。

チョコちゃんは大きな変化もなく、毎日インシュリンを打ち、食欲アリで過ごしてます。
糖尿病という病気にかかって約7年!!
大きな変化が無い・・・ケトンが出るとか高血糖・低血糖・各種合併症を引き起こさずに
過ごせるというのは非常にありがたいことです
a0094978_161093.jpg


眼の白内障が進み、かなり濁ってきましたが
まだ見えるようで小さなオモチャを追いかけて走り回ります。
でも、やはり疲れるのでしょう・・・日に何度も主人に「眼のマッサージ」をせがみます
a0094978_1631232.jpg


膀胱炎・頻尿の回数も昨年秋~冬~現在まで、かなり減りました。
ここ最近はphコントロールが大好物ですが
先月は「春のr/d祭り」が開催されていたようでr/dばかり食べていました。

カリンちゃんも大変元気です!!
ダイエットは・・・・・・・・・・・・ま、おいといて(あの決意はなんだったの!?というお叱りはもちろんですが)
それでも、チョコちゃんの食べ残しを与えないように、など気をつけています。
それに、9歳という年齢を迎え多少食欲が落ち着いてきました。
ご飯大好き♪は変わりませんが以前の大型犬のようなガッツキ方ではなくなりました。

猫型ボールペンをガン見するカリンちゃん・・・この後、噛みつきを食らわし
ネコパンチで吹っ飛ばす寸前で没収^^;
a0094978_1610172.jpg


箱好きは相変わらずです!
体のサイズに似合わない箱にギュウギュウになってフガフガイビキをかくのが日課です・・・
a0094978_16121230.jpg


今、バルーンのネットショップを作っています
パソコン苦手なので悪戦苦闘中・・・
本当はとっくにオープンしている予定だったんですけどね
頑張って早く作って、可愛いバルーンをお届けできるようにしたいです!
これは母の日に作ったアレンジメント
カーネーションも風船で作ってあります!
a0094978_16382783.jpg

最近はヘリウムガスも使うようになり、いろんな作品に挑戦しています
a0094978_16392760.jpg


チョコとカリン、最近はお風呂場で水を飲むのが日課
カリンはチョコが飲んでいると入り口でジッと並んで待っています。
チョコはカリンが飲んでいると、お尻をペチッと叩いて噛んでどかします・・・
ガンコ親父みたいになってしまいました(泣)
それでも、ついこの間はこんな風に並んで寝る姿を見せてくれてとても和みました!
a0094978_16425299.jpg


2人が枕にしているのは、昼寝している私の足・・・
足の血流が止まりました・・・

またボチボチの気まぐれ更新ですが よろしくお願いします
[PR]
by NAHNEKO | 2012-05-23 16:49 | 家族

風船猫

メガ盛りとかメガマックとかメガ牛丼とか流行りましたが

この暑さは「メガ猛暑」とでもいうのでしょうか??

暑いの大好きで、例年エアコンの温度設定は高く!少し涼んだら切って!
と節電に努めていましたが今年はしていません

我が家のリビング、日の出から日没までガンガンに日が当たります
エアコンの温度を28℃なんかに設定してると
何時間たっても温度計が32℃から下がりません・・・

電気代が怖いのですが熱中症になったら大変です
猫が熱中症になったら電気代より高くつくだろうし、何より命に関わりますからね

毎年夏は、ベッドにゴザを敷いて寝ているのですが今年は数日前から止めてます
ゴザってね、滑るのですよ
夜中に枕の横に置いていた携帯が落ちて、その音で目を覚ましたときは汗だくで
携帯を拾おうと寝返りをうったら・・・
腕と首の部分の汗で滑り、ベッドから落っこちました・・・
ゴザは危険です

暑さの話はこの辺で

昨日はバルーンコンベンションなるものに参加してきて、
とっても素敵なオブジェを習い製作してきました

a0094978_23214773.jpg

披露宴やパーティーにピッタリのこのオブジェ、玄関の一角が華やかになりました
誰か結婚しないかな~作りたいよぉ~~

これ、大きな袋に入れて持ち帰ったんだけど1メートルくらい高さがあるので
どうやってもはみ出てしまい、電車内で注目の的でした

バルーンをいっぱい見てきたので何か作りたくて仕方なくて
何となく編んだバルーンの輪っか・・・


これ・・・はまるかしらねぇ??


何にって・・・コレよコレ


a0094978_2326407.jpg


いつもありがとうね カリンちゃん
とっても可愛いよ~ カリンちゃんてバルーンが似合うわ~♪
  *とても大人しく付けさせてくれるので一瞬だけです・・・
このまま歩いて、うまいこと足に通し自分で「輪抜け」をしました 賢いなぁ


a0094978_23293775.jpg

この白いカーネーションも膨らませていない風船で作ったものです
「ファンタジーフラワー」とか「バルーンフラワー」といいます
[PR]
by nahneko | 2010-08-05 23:11 | 家族

チョコちゃん10歳!!

ジャブジャブジャブジャブ・・・・・・
チョコちゃんが水を大量に摂取するのは若い頃から今も変わらず
糖尿になってからはその量がいっそう増えました
a0094978_2144180.jpg
               あ、チョコの隣の茶色いのは、跳び箱ではありません


               カリンちゃんです♪
a0094978_2153696.jpg


10月8日はチョコと出会い、家族になった記念日です
運命の出会いをした翌々日にはグッタリとしてしまい、入院・輸血をし
1才前に膀胱炎で真っ赤なオシッコ・・・そして尿道結石を詰まらせたこと3回
突然、鳴き声がガラガラにかすれてしまいビックリ、ネブライザーに通ったこともありました
6才9ヶ月という若さで糖尿病、続けて変形性脊椎症と大きな病気が発覚
「とりあえず1年頑張ろう」という獣医の言葉に絶望し10才を迎えることが夢のように思えたものでしたが
チョコちゃん、今日で10歳!!10周年!!(正確には先月上旬に10歳になってるはず)

とってもとっても感慨深くもあり、いつも通りすましているクールなチョコちゃんを見ると
10歳なんて別に特別なことじゃないよね~って気もします

             小さい頃から「手まくら」で寝るのが好きでした
a0094978_21204995.jpg


             お風呂場探索も大好き・・・この後、ボチャンしました^^;
a0094978_21214063.jpg


           3才半頃、オモチャめがけて大ジャンプ!ジャ~~ンプ!!
a0094978_21223393.jpg

a0094978_21224827.jpg

これほどの大ジャンプじゃないけど、脊椎症の今でもジャンプできます 出来るようになりました!


          赤ちゃんだったカリンちゃんの“育児”をたくさん手伝ってくれた良いお兄ちゃん
a0094978_21252635.jpg


3日前のことですが、犬歯の奥の歯がポロリと折れて(抜けて?)しまいました
少し出血したけど痛みは無かったようで、その後もガリガリとドライフードを食べてます
今月中に血液検査に行くのでそのときに口の中も診てもらうことになっています
  (すぐ電話で獣医に確認しました 急いで診せる必要は無い、との判断を貰ってます)
インシュリンを使い始めて3年4ヶ月が経ちます
今年の冬も、膀胱炎が少なければいいなぁ~と 
10歳という年齢にビビらず、今まで通り呑気に構えて楽しく過ごしたいと思っています

ここ1年くらい、少し気になるのが「白内障」です
猫は犬ほど、老齢性白内障になる率が高くなく、高齢の猫さんをたくさん見てるけど
白内障にはなってた猫って記憶に無いような気がします
チョコちゃんの場合は糖尿病が原因となった白内障です
a0094978_0341576.jpg

何となく、黒目が濁ってるのをわかるでしょうか・・・?
ちょっと怖いけど、眼のアップ
a0094978_035867.jpg去年の夏ごろからか、眼の濁りが気になっていました
近くで見ると、結構濁ったグレーになってます
進行を遅くする目薬やサプリメントもありますが
劇的に効くことがわかってれば勧めますけども・・・
という獣医師の話でやめました
まだ小さなオモチャも追うし外を眺めるのも好きだし、
見えなくなっている様子はまったく無いので
このまま自然にしておいて見守って行こうと思います

最近のお気に入りは眼のマッサージです 人間と同じですね
眼の周りを骨に沿って軽くマッサージしたり、まぶたの上から優しく撫でたりすると気持ちいいらしく
グルグルグルグル・・・ホロッホ~ホロッホ~・・・と「悦」に入ります^^
やっぱり多少の眼の違和感や疲れなど、白内障の影響を感じることもあるのでしょうね
眼のマッサージはパパの担当、私の担当は耳マッサージです
耳は、付け根を軽く揉んだり耳の三角の部分をごく軽~く引っ張りながら優しく揉むと
これまた「悦」に入って、ときにはヨダレまで垂らしています チョコも私たちにも至福の時間♪
これからもたくさんやってあげよう~

          今日のチョコちゃんです ご飯を食べて満足気に寝転んでます
a0094978_046678.jpg

まだまだとっても甘えん坊な、お子ちゃま猫です♪ずっとこのままでいいからね~
[PR]
by nahneko | 2009-10-08 21:03 | 家族

従兄弟の話

だいぶ、ブログをサボってしまいました・・・

今日は私の従兄弟の話を・・・聞いてやってください


オジオバの数は多いけれど、未婚者・子供無しな人が多いので従兄弟は父方に4人だけ
1人は年上の女性、北海道在中(滅多に会わないので今回は出番無し)
あとの3人は男3兄弟 長男・Kは私と同じ年 次男・Dは3つ下 三男・Yはそのまた1つ下
Kは小さい頃から頭が良くてスポーツ万能、長男として多大な期待を背負い、プレッシャーに負け・・・
大学受験の失敗を引きずり・・・知能と運動神経には恵まれたが何といっても体格に恵まれなかった
身長160センチの私と比べても、Kの方が小さいかもしれない
私もよく知らない色んな事情が絡み合い、現在はやや精神を痛めてしまって療養中

次男のDは兄のKに比べて抜群に体がデカかった もう、ものすごくデカかった
1才で既に近所の3才児よりも大きかった 
3才といえばお喋りも達者な頃だけど、Dは体だけ3才以上で中身は1才だから喋るはずもなく
近所の人達には「あの子、かわいそうな子なんじゃないか・・・」とまことしやかに噂されてたらしい
子供は残酷なもので、叔母はストレートに「ねぇ、Dくんってバカなの?」と何度も尋ねられたのだそう
そんな体格だったから、赤ちゃんのDを抱っこして歩くのも一苦労
叔母は乳児のDを抱えながら妊婦生活を送っていたが、三男のYはDの重みで危うく・・・だったらしい
Dは幼稚園だか小学生の頃に相撲部屋からスカウトされた でも本人は野球に熱中
野球の名門校に進学しピッチャーを務め、甲子園にあと一歩のところで打たれて号泣
今は3兄弟中、唯一の既婚者 その嫁さんのMちゃんがまた面白い人で私とよく遊んでいる

三男、Yは・・・こいつが今日の主人公 とにかくデンジャラスというか愉快というか変テコなヤツ
兄・Dの重みで流産の危機が何度かあったものの無事生まれたYは幼い頃から目つきが鋭かった
その目つきの鋭さはどのくらいかと言うと、確か幼稚園に入る前後の年頃だったか・・・
家の外で遊んでいたら、近所に住んでいたヤ〇ザさんに遭遇し、「良い目つきした坊主だ」と誉められ
将来ウチで面倒みてやる・・・だとか何だとか、とにかくスカウトされてしまった
それを聞いた一家は大慌ててで三鷹から埼玉に引越すことに

埼玉の自然豊かな住宅街でノビノビ育った3兄弟
その中で飛び抜けて可笑しな子はやはりYだった
小学校に入り、新品の連絡帳に初めて記入した連絡事項それは
「クラス内で気に入った女子の電話番号・数件分」であった
明日の持ち物とか宿題は何かとか、そんなことよりも電話番号ゲットが重要
Yのチャラ男生活はこの頃から始まっていたのだった
外に遊びに出かければビニール袋いっぱいのイナゴを捕まえてきて部屋中に放してみたり
無地のTシャツを着てたはずなのに・・・なぜ緑のチェック柄になってんだ?と思えばカマキリを目一杯
ぶら下げて帰ってきたり
竹やぶや洞穴があれば何の躊躇もなく入って行きヘビやらトカゲやら捕ってくる
捕まえて飼っていたヘビが逃げ出して、閑静な住宅街を騒然とさせたのは一度や二度ではない

小学生のときにこの3兄弟とプールや海によく行ったのだがこれまた大騒ぎ
祖母宅から徒歩3分のところにあったプール、そこに辿り着くまでに汗と川の水でズブ濡れになるY
プールではキレイな水着を着た女の人を見ちゃ喜んでいた
海に行ったときなどは帰宅してシャワーを浴びようと海パンを脱いだら・・・
ザザザザーッと音がして目の前に大量の砂嵐が現れた Yは海パンに砂を仕込んでいて
その砂によって6畳間がジャリジャリになってしまった そんなことして何が楽しかったんだか
やんちゃ盛りの男子の行動は意味不明なことが多い

祖母宅には広い庭があって、そこに生えた雑草を電動の草刈機で刈ったり、火炎放射器で焼いたり
焼いた後は豪快に水を撒いたりしていた
暑い上に熱く、面倒で危険を伴う作業なので私たち子供組は家の中から見物していたのだが、
Yだけは外に飛び出して行って邪魔者扱いを受けつつ手伝いにはまったくならない「自称手伝い」をしていた
作業終了後もYは「もっと火をつけろ!」だとか「水を撒かせろ」だとかやかましくつきまといウザがられた
これは冬に焚き火をしたときにも見られる現象で、もっと火を大きくしろだとかイモを焼かせろだとか
消すときの水は俺がブッかける!だとか・・・とにかく火と水が登場すると目を輝かせて1人祭り状態になる
いつしか親族内で「火と水はYの居ぬ間に」とか「火つけのY」などヒソヒソささやかれるようになる始末

私が中学生、Yが小学校高学年の頃だっただろうか 祖母宅で法事が行われた
本当に身内だけの、小規模な法要で自宅の和室で行われた、その法要でのハプニングは強烈だった
長いお経の間、正座をしていた私たち・・・足のシビレが限界状態で巡ってきた子供たちのお焼香
最初に立ち上がった従兄弟長男のKはブルブル足を震わせながら何とか終了
続いて私・・・何と情けないことに痺れた足がもつれてしまい、坊さんが数珠などを入れていた
アタッシュケースを蹴飛ばしてしまった 従兄弟たちからクスクスと笑いがもれる・・・
そして続いた私の妹と弟もそれぞれよろけてコケたりし、従兄弟次男Dも私同様坊さんの物を蹴飛ばした
最後にYだ Yが無事滞りなく焼香を終えるワケがない!と思っていたんだが・・・Yはやっぱりやる男
足がもつれてヨロヨロ歩きになってしまい、こともあろうか坊さんの頭に思いっきり手をついた!
大人達の「あぁっ!!」という声と私たちのこらえても漏れてしまう笑い声が交じり合った
坊さんは首を痛そうに押さえながら帰って行った 

そんなやんちゃなクソガキ・厄介者に思えるYだが、可愛らしい面も多々あって親族内からはもちろん
友達や友達のお母さんからの人気が高かった
人懐こくて明るく、どこか憎めなくて 友達の家に遊びに行くと、いつの間にか遊びの輪から離れて
台所に侵入、友達のお母さんとお喋りをして非常に気に入られるというのはいつものことだったそうだ
好きな女の子は常に数人いて、連絡帳に記入される女子宅の電話番号は確実に増え続けていたらしい
中学・高校生になっても叔母にベタベタくっつき肩に手を回したり、ヒザ枕で寝転んだりしていたのを見て
私の母は素っ気無い自分の息子と比べてものすごく羨ましがっていた
天性の女好きなんだと思う 女の子にやたらと手を出して傷つけたり、たぶらかしたりなどはしない
ただ純粋に女の子という存在が好きなんだと思う とにかく隙あらば可愛い女の子を探していた

中学生のときに北海道・利尻島の伯父宅を訪ね、キレイな海と船の楽しさに魅せられて
将来は船乗りになりたいと言い出したときはビックリしたけど
その後本当に、高校を出てから船乗りになるための専門大学に進学し、卒業後は語学と海を学ぶために
オーストラリアに留学 バイトをしながら学校に通い英語を徹底的に覚えていく、そんな生活を8年もした

8年の間はほとんど会うことは無かった 年に1~2回は帰国していたようで叔父叔母に会ったときは
元気に楽しく過ごしている様子を聞いていた
祖母が亡くなったときにはみんなが集まってる時間に電話をしてくれた Yの声は祖母にきっと届いただろう

2002年2月の私達の結婚式には、たまたま帰国の日時と合い時差ボケのまま出席してくれた
久々に会うYは大人っぽくはなっていたけど・・・南国に住んでいるとあんなにも雰囲気が変わるもんだろうか
呑気というかポワワーンとしていて、中身はそうでもないんだけど外見的にはチャラ男っぽさが増してた
そのとき付き合っていたタイ人の彼女の写真を見せてくれた(その後、破局)
彼女の写真を胸ポケットに忍ばせつつ、私の友人の1人を「可愛い」と気に入り話しかけていた・・・

一昨年、完全に日本に帰国しIT関係の企業に語学力を買われて入社
直後に大きな仕事につかせてもらったとかでエリートコースを歩むことになったらしい
今年に入ってからは会社の近くにアパートを借りて独り暮らしを始めていた

一番最近Yに会ったのは去年の夏 祖母の法事の席だった
Yの周りだけ太陽がゆっくり周っているような、ゆったり行動するYは見てるだけで何となく可笑しかった
あんなにチャカチャカと走り回り、やかましかったYが大人になっていた
でもやっぱりYはYで・・・法事は寺で行われたのだが本堂に入った途端にYはやらかした
坊さんがお経をあげる席に置いてあるデッカイお鈴、それをいきなり叩いて鳴らした・・・
ボォ~~ンと鳴り響く音に振り向く親戚一同 全員の目線の先にはYがニコやかに立っていて
全員が「やっぱりコイツか・・・」と諦めの顔をした
Yはお鈴(結局2回鳴らした)に留まらず木魚もポクッと叩いて私やDの嫁さんのMちゃんに止められた

法事が終わり、食事会が終わり、別れ間際
       「今度、なーネコちゃんちに遊びに行こう~」と言うY 
            「うん、おいでよ~」と答えた私

じゃあねと別れたその瞬間が、永遠の別れになるだなんて予想するはずがなかった
先月末、Yは突然死んだ

今でも信じられない・・・何で? 
[PR]
by nahneko | 2009-07-28 19:57 | 家族

癒される~

ここ数日の私の携帯待ち受け画像

ものすっごく癒されます
仕事の合間の休憩時間に眺めてはニヤニヤ・・・

あぁ、早く帰ってこの子に添い寝したい~~

画像じゃわからないけど、2ミリくらい舌が出てるんです
そしてフンゴフンゴと小さなイビキをかいてました





a0094978_0125111.jpg


      あぁ~可愛い♪
           私の足を枕にしてるからズッシリ重くて暑いけどね

この寝顔が最高の癒しです
[PR]
by nahneko | 2009-06-14 00:15 | 家族

カリンちゃん6歳になりました

5/7 カリンちゃんが我が家に来て6回目の記念日を迎えました
あの小さかった捨て猫が、立派な体格の(笑)6歳のお嬢ちゃんになりました

            カリンのお尻、チョコ兄ちゃんの頭よりも小さかったのになぁ
a0094978_22105391.jpg


            こちらは本日のお尻♪モンペ履いてるみたいじゃない・・・?
a0094978_221293.jpg


よく食べ、よく遊び、よく眠る 手のかからないお利口さんです
とても優しくて賢い子ちゃんで、うちにお客さんがやってくると玄関までお迎えに行く接客上手
猫好きな人にはスリスリ、手にキスのサービスをします お土産はたくさんの抜け毛です・・・^^;

a0094978_2215748.jpg


a0094978_221533100.jpg
                 6年前の丸猫カリン
a0094978_2220912.jpg
                 現在の丸猫カリン

カリンちゃんの呼び名、最近は・・・
  カリンちゃん→キャリンちゃん→キャリちゃん→キャーちゃん→キャー子ちゃん
キャー子ちゃん♪と呼んでいます 可愛いです♪

これからも可愛らしく、健康でいてくれたらいうことなし!
ダイエットの報告が最近できていませんが・・・続けていますよ~ 現在9.3キロ
やはり8キロ台の壁は厚い厚い
  

        昔の写真を見直していて、気付いたのですが・・・この日付と首輪にご注目ください
a0094978_22243939.jpg


      カリンちゃん、5年前からずっと同じ首輪を使っていました・・・すっかり花柄も消えてしまってます
a0094978_22262861.jpg

              お誕生日のプレゼントに、新しい首輪買ってあげなくちゃね


a0094978_22283026.jpg
                 ぷれじぇんとは やまもりのささみに してちょーだいね♪
[PR]
by nahneko | 2009-05-07 22:31 | 家族

はいりたいの・9


      あたち かりん

      はこにはいるの だいすき!




a0094978_21303035.jpg

相変わらず箱に入るのが大好きなカリンちゃん
最近「ハコネコ」がブームだとかで箱に入ったネコの写真集が売られててビックリしました

ハコネコと言ったらカリンちゃんだと思うんですがねぇ モデルのお声がかからないものかしら?

a0094978_2132765.jpg
               ギッチギチの背中です これはお気に入りの「魚の干物の箱」

ハコネコと言えば「すなっく はこねこ」ですが、すっかり閑古鳥が鳴いていて・・・
a0094978_21365930.jpg
              店舗はどんどん小さくなり、営業はもう無理な様子です・・・

カリンちゃん、もうお店はやめてダイエットに精をだしたらどうよ!?



               あたち きゃんぺがる っていうのになるの

a0094978_21421674.jpg
                 いんたねっとの~ やほーの~ BBがーるで~す CMもやりたいわ~

赤い箱が気に入って、ヤフー&ソフトバンクの回し者のようになってしまいました


                  しろいいぬ かわい~ ほわいとかぞくよ~
a0094978_21461730.jpg
                     カリンちゃんはちっとも白くないんだけどね
                  
a0094978_2146431.jpg
                 カリンちゃん、白いお父さん犬のポジション狙いではないの?



a0094978_21465555.jpg
                   まま なにいってんの~

a0094978_21481335.jpg
                   あたちがねらってるのはね~

a0094978_2149691.jpg
                    うえとあやのぽじちょんよ!!

a0094978_2150465.jpg
                    むふ~ん こくみんてきびちょーじょよ~ん


この間、ぐっすり眠ったカリンがイビキをかき・・・

        フンゴ~ ゴゴ~ ググゥ~・・・  フゴッ!!

と言ってから10数秒、呼吸が止まったのでビックリしました
もしかしてこれって、デブによく聞く「無呼吸症候群」というやつなのか??

もう少し痩せさせなければ・・・  ただ今、9.4キロ(前回のダイエット日記から変わらず)です
[PR]
by nahneko | 2009-03-21 22:11 | 家族